本、お洋服、映画などの趣味の世界


by rosa-giganthia

タグ:メアリーマグダレン ( 2 ) タグの人気記事

ゴスロリバイブルと手紙

本日の読了本 砂糖菓子の弾丸は打ち抜けない 桜庭一樹
まったく期待しないで読んだのですが、これが面白い。藻屑というキャラクターの悲しさが非常にうまく描かれています。売れる本は私の好みに合わないことが多いのですが、これは評判が高いだけあります。現代の本はあまり読まないのですがこれは読んで損なしです。
最近の私は、平日は毎日学校に通っています。休学中でやめようかとも思っていた大学ですが、最近同じ学部の中でも別の専攻に勉強したいことが見つかりました。転専攻には単位が足りていないので、1年間今の専攻で過ごした後面接を受けてみようと思います。
今日はゴシック&ロリータバイブルの発売日だったので朝から買いにいきました。私の好きなブランド、ヴィクトリアンメイデンは今期はあまり可愛いものが出ていません。対してメアリーマグダレンは可愛いものいっぱい、すでに何着か購入しています。この本は次回病院に行くときに持っていきます。s先生は決してゴスロリ好きではないと言っていますが、これを持っていくと読んでくれます。そしてその記事について2人で盛り上がったりします。ちなみに私は病院に行く時には必ず手紙を書いていきます。先生の転勤で病院が2週間に1回になってからは診察時間が短くなり、話したいことが話せなくなったので手紙をしたためるのです。話すのは苦手ですが書くのは好きです。羽根ペンに菫色のインクをつけて、赤に百合の紋章の封蝋で封をします。先生も慣れたもので、診察時には私が手紙をバッグから出すのを待ってそれを読んでから診察が始まります。手紙好き機械嫌いの私はメールの回数よりも手紙を書く回数のほうが多いのではないかと思います。
[PR]
by rosa-giganthia | 2007-11-24 21:29

幻想文学とワンピース

本日の読了本 赤江瀑名作選
現在生きている作家の中では最も好きな作家の一人、赤江瀑。この本は新宿のジュンク堂でうろうろしていて偶然発見しました。ここでみつけなかったら出会えなかった本かもしれないと思うととてもラッキーでした。私の大好きな雑誌「幻想文学」の編集人東雅夫さんのアンソロジー学研M文庫の伝奇ノ匣シリーズのコーナーを見ていたら発見したのです。東雅夫さん編集の本は大体チェックしているのですが、残念なことに「幻想文学」は数年前に廃刊となってしまいました。古本屋などで地道に集めています。赤江瀑は今年、光文社文庫からも3冊、単行本も1冊出ていて、ファンとしては嬉しい年となりました。
ロリータファッションの私は、今日ワンジュクに行きました。一番好きなブランドはジェーンマープルですが、最近は8階ケラショップエンジェルを愛用しています。ヴィクトリアンメイデン、メアリーマグダレン目当てです。この2つのブランドが独立した店舗を持ってくれたらいいのに。
今日は9月中旬入荷予定のメアリーマグダレンのワンピース狙いで行きました。でもまだ入荷していませんでした。もう中旬だと思うのですが、いつ入荷してくれるのでしょう。
[PR]
by rosa-giganthia | 2007-09-17 22:33 | 日記