本、お洋服、映画などの趣味の世界


by rosa-giganthia

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

caccinicaと尾崎翠

本日の読了本 尾崎翠集成 上
長い間憧れだった尾崎翠の本。「第七官界彷徨」が収められています。やはりこの時代の本の
美しい文章に触れることは楽しいことでございます。
24日はcaccinicaの演奏会に行ってきました。今回は久々の演奏会で会場のマリアの心臓は満員、たちみもでるほどでした。そんな中整理番号が後のほうだったにもかかわらず、最前列で見ることができ、嬉しい思いをしました。caccinicaは黒色すみれのさちさんとヴォーカル湯澤幸一郎さんの2人とチェロの青月泰山さんピアノのayaさんでフルメンバーのクラシックグループです。2ndアルバムの「七面鳥」は持っているのですが1stの「赤いカバンが」すでに廃盤となっており、探し回っていたのですが、今回コピー版が湯澤さんのサイン入りで25枚販売され、もちろん購入、演奏も歌も素晴らしい、赤いカバンが聴けるで更に更に終わった後さちさんに声をかけていただき、本当に行ってよかったと思いました。
ところが家に帰って待望の赤いカバンを聴くとざあざあと音がするばかりで聴けない。ショックを受けながら湯澤さんのブログを覗くと、すみれの天窓で聴けるものと交換してもらえるとのこと。今週末早速行ってきます。
[PR]
by rosa-giganthia | 2007-09-27 17:37 | 日記

精神科と黒色すみれ

本日の読了本 AMEBIC 金原ひとみ著
普段なら絶対読まない本を読んでみました。私は現代作家の本、特に売れている本は読まないのですが、同年代の人間の書く本がどんなものか気になったので読んでみました。本当は金原ひとみの他の本が読みたかったのですが図書館で貸し出し中にはなっていなかったのに置いていなかったので、これを選んできました。この主人公の食に対する考え方が非常に気に入りました。
さて、今日は週に1度の病院の日でした。1時間半かけて通院しています。私は気分変調症という病気で精神科に通っています。回避製人格障害という病名ももつ私は今の主治医になれるまでにかなりの時間がかかりましたが、現在は診察1割雑談9割で会話ができるまでになりました。今日は弟と彼女のプリクラを見せてみました。「弟は今風だね」「全然」「彼女美人だね」「でた、先生の美人好き」「男はみんなそういうもんなんだよ」最近死にたいことも話して、私の1番好きな本「とらんぷ譚」を先生に貸して診察終了。すっかり顔なじみになった薬局で自転車に乗りたい話をしたら、貸してもらえちゃいました。
それから10月21日の黒色すみれの新アルバム発売記念演奏会のチケットを買いに吉祥寺まで。なんと1番乗りでした。黒色すみれ、おすすめです。私の1番好きな歌は「サーカスの馬」という曲です。喫茶店「すみれの天窓」も経営しているので、本人たちに会えちゃいます。新宿歌舞伎町にあります。
[PR]
by rosa-giganthia | 2007-09-21 20:10

リフトとトリックアート

今日の読了本 秘密の花園 三浦しをん著
図書館でずっと貸し出し中だった本をやっと借りることができました。そのうちの1冊、三浦しをんは1度読んでみたかった作家です。すらすら読めるし、なかなか面白いと思いました。主に3人の登場人物がいるのですが、それぞれのキャラクターの作り方がうまいと思いました。私には好きというか憧れの人間のタイプがあって、1人がそのタイプだったのでその子を客観的に語られる部分が楽しめました。
数日前から静岡に住んでいる弟が遊びに来ています。弟の趣味は写真で、大学でも写真部に所属しています。ついこの間は合宿で鎌倉、横浜に行ってきたそうで、鳩サブレをお土産に持ってきてくれました。今日は写真を撮りに行きたいという弟の希望で高尾山に登ってきました。頂上までは行かなかったのですが、リフトに乗ったり久々に山に登ったりはなかなか楽しめました。私の主治医はかなりの山好きなので、この体験を話したらさぞや羨ましがられるだろうと思われます。弟は山の中で詩人と化してしまいました。「この山の生命力、壮大な力・・・」下山してから、近くにあったトリックアート美術館というところに入りました。入場料が高めだったけれど、以外に楽しめました。最近は使い捨てカメラを持ち歩いているのでたくさん写真を撮りました。
[PR]
by rosa-giganthia | 2007-09-18 23:00 | 日記

幻想文学とワンピース

本日の読了本 赤江瀑名作選
現在生きている作家の中では最も好きな作家の一人、赤江瀑。この本は新宿のジュンク堂でうろうろしていて偶然発見しました。ここでみつけなかったら出会えなかった本かもしれないと思うととてもラッキーでした。私の大好きな雑誌「幻想文学」の編集人東雅夫さんのアンソロジー学研M文庫の伝奇ノ匣シリーズのコーナーを見ていたら発見したのです。東雅夫さん編集の本は大体チェックしているのですが、残念なことに「幻想文学」は数年前に廃刊となってしまいました。古本屋などで地道に集めています。赤江瀑は今年、光文社文庫からも3冊、単行本も1冊出ていて、ファンとしては嬉しい年となりました。
ロリータファッションの私は、今日ワンジュクに行きました。一番好きなブランドはジェーンマープルですが、最近は8階ケラショップエンジェルを愛用しています。ヴィクトリアンメイデン、メアリーマグダレン目当てです。この2つのブランドが独立した店舗を持ってくれたらいいのに。
今日は9月中旬入荷予定のメアリーマグダレンのワンピース狙いで行きました。でもまだ入荷していませんでした。もう中旬だと思うのですが、いつ入荷してくれるのでしょう。
[PR]
by rosa-giganthia | 2007-09-17 22:33 | 日記